新型コロナウイルスについて(その1)

初診の方の事前受付はこちら 072-726-4580
TOPICS

トピックス

新型コロナウイルスについて(その1)

皆さん、こんにちは。

 新型コロナウイルスに対する緊急事態宣言が発令されて、様々な方面で大変な状態となっています。テレビや新聞でも、専門家やコメンテーターの方々の意見が飛び交っています。

 感染症専門医、公衆衛生学の専門家、WHOの職員など色々な専門家の方々のご意見を伺うことができています。

 先日、臨床ウイルス学の専門家の白木先生の投稿を、インターネットで拝読しました。白木先生は、新型コロナウイルス感染症に対する治療薬候補であるアビガンを開発された方です。アビガンは中国武漢で患者さんに使用されて、かなり有効であったと報告されています。ウイルス学的な観点から見た新型コロナウイルスについての解説がとてもわかりやすかったので、数回に分けて、要約してご紹介いたします。


1.コロナウイルスの特徴

 人に感染するコロナウイルスには、鼻かぜを起こすウイルスのヒト呼吸器コロナウイルス、2002年に発生したSARSコロナウイルス、2012年に発生したMERSコロナウイルス、今回の新型コロナウイルスがある。

 コロナウイルスは、インフルエンザ同様、アルコールで容易に感染性がなくなる。

 

2.インフルエンザウイルスとの違い

 インフルエンザでは、遺伝子の変異を起こしやすいのでワクチンを接種しても毎年流行するが、コロナウイルスは遺伝子変異が起こりにくい。このため、新型コロナウイルスに2回かかる可能性は非常に低い。

 インフルエンザウイルスは感染後6時間たつと1mlあたり1億個のウイルスを産生するが、SARSコロナウイルスは感染後6時間で、10~100万個のウイルスを産生する。したがって、気管の細胞からのコロナウイルスの放出はインフルエンザの100分の1程度と少ない。

 

3.感染能力

 咳・クシャミなどに含まれる飛沫は、2mの距離に到達する前に乾燥してしまい、インフルエンザを始め多くのウイルスは乾燥して感染力を失う。しかし、湿気のある場所では乾燥を免れるために、感染力を保つ。また、小さな飛沫は落下せずに空気中を漂い、肺の奥まで到達しうる。空調が3時間停止した飛行機内で、1名のインフルエンザ感染者から37名に感染したとの報告がある。したがって、吐いた息が乾燥しない密集空間では、感染者がいると感染は避けがたい。2009年の新型インフルエンザ流行時の学生の感染機会を調べた調査によると、多くが「カラオケ」であった。単に密室を避けるのではなく、湿気が多い空間・密室では換気や除湿(注:「加湿」ではありません)を心がけ、飛沫が乾燥しやすい環境として、人と人の距離を2m保持することで、感染の回避は可能と思われる。

 

4.湿度の問題

 室内空気の加湿はウイルスを含んだ飛沫が乾燥しにくくなり、感染には不利になるが、空気の通り道である気道にとっては粘膜の乾燥を防ぐことができ、粘膜細胞の機能維持に有用である。

 

5.新型コロナウイルスの感染様式

 新型ではない、風邪をおこすコロナウイルスでは鼻汁の多い、ティッシュの山ができるような鼻かぜを生じる。この場合、くしゃみで感染するというより、鼻をかむ際に鼻を触った手がウイルスに汚染され、ウイルスのついた手でドアノブなどを触って、そこに付着したウイルスが物を介して他人の手に移る。その手を顔面に持って行くことで、感染がおこる。鼻汁などや痰は見かけ上、外は乾燥しても、中のウイルスは乾燥しないため感染力がある。痰だけではなく、尿や便中にも排泄されるため、乾燥しているからといって油断は禁物である。

 

6.新型コロナウイルス感染症の特徴

 インフルエンザのような風邪症状に加えて、肺炎を生じる可能性がある。軽症が80%で、重症が15%、致死的なものは5%である。肺炎を早期に発見するためには、毎日検温をして平熱を把握し、発熱のチェックをする。4日以上持続する発熱は限られているので、新型コロナウイルス感染の可能性がある。肺炎症状の「息苦しさ」は平均発症8日後に生じるが、初期の発熱後5~6日頃では、運動時や階段上りなどの時のみに息切れを感じる。 


以上のことから、

・新型コロナウイルスの手指・環境の消毒にはアルコールが最適。

(微酸性次亜塩素酸水は大腸菌など多くの細菌に対して有効ですが、現時点では、新型コロナウイルスに対しての手指消毒への有効性が確認されていないと、4/10に厚労省は答弁しています。一方、通産省は、台所用洗剤・電解生成した次亜塩素酸水・逆性石けんの3種類について代替消毒薬としての効果を検討すると4/15に発表しました。https://www.nite.go.jp/data/000108034.pdf)

・クシャミや吐息中の新型コロナウイルスの量は、インフルエンザウイルスに比べて少ないが、加湿空気中では感染力が保たれる。

・飛沫を乾燥させる距離として人と2m以上の距離を保つが、換気や除湿も重要。

・鼻をかんだ手で物を触ったりせず、手を洗う。

・物を触った手で顔や髪の毛に手を持っていかない。手を洗うか、アルコール消毒する。

 

上記をふまえて、私の個人的見解も含めて『まとめ』を記載します。

 机やドアノブなどの消毒には、アルコール・台所用洗剤・微酸性~弱酸性次亜塩素酸水が良いのではないかと思います。次亜塩素酸水は、少なくともノロウイルスに対しては、中性次亜塩素酸水では全く効果がありません(国立医薬品食品衛生研究所食品衛生管理部 五十君静信らの検討)。ですので、微酸性~弱酸性のもので、かつ100mg/L以上の濃度であればよろしいかと思います。次亜塩素酸ソーダは皮膚消毒に使うと酷い皮膚の荒れを起こすため、決して皮膚消毒に使ってはいけません。次亜塩素酸水の肌荒れを生じる可能性は次亜塩素酸ソーダよりもずっと低いですが、濃度によっては起こる可能性があります。

 また、通販で購入可能な次亜塩素酸水の濃度はまちまちで、更に酸性かどうかの表示のないものもあります。購入する際には、少なくとも100mg/L以上の濃度の微酸性~弱酸性のものを選ばれるのがよいと思います。ジクロロイソシアヌル酸ナトリウムという粉末のもので、水に溶かして使用するものもあります。プールの消毒などに使用されるそうですが、通産省の検討品目には入っていません。消毒手法を検討されるチームに問い合わせしましたが、今回の検証試験の対象には入れていないとの回答でした。効果はありそうに思いますが。

 マスク着用も重要ですが、換気・空調は非常に大切です。空気中に漂うウイルスの飛沫を拡散除去することで、感染リスクを低下させることが可能と思います。窓を開けられないのであれば、換気扇を強力に回して室内の空気を室外に出すだけでも有効だと思います。

 外出から帰宅した場合には、玄関のドアノブを素手で触らない、あるいは触る前に消毒するか石鹸で手洗いすることが重要と思います。もちろん、いろんなものを触った手で顔や目、鼻を触ることは厳禁です。

 

 新型コロナウイルス感染の予防のために、皆さんが手指消毒を積極的に行うようになり、その結果、感染性胃腸炎も激減しているそうです。様々な感染症の予防のためにも、手洗いを今まで以上に行うことが非常に大切だと思います。

 

 皆さんが、新型コロナウイルスだけでなく、様々な感染症にかかられないことを念じてやみません。

( 2020.04.18 )

一覧へ戻る

pagetop